歌がうまくなるまでの期間は?
歌がうまくなるまでの期間は?

歌がうまくなるまでの期間は?

体験レッスンの詳細はこちら

歌がうまくなるまでの期間は?

閲覧ありがとうございます!
はと出張音楽教室の蔭山です。

 

ポップス、ジャズ、声楽・合唱・・・等々、
歌といっても色々なジャンルがあるわけですが、
どの歌でも、うまくなるまでには練習が必要です。

 

では、そのうまくなるまでの期間というのは、
いったいどれほどのものなのでしょうか?

 

ここでは、声楽の視点から考えていきたいと思います。

 

イイ先生に習えばすぐに上達!?

 

きっと、こういう思いを抱いている人は数知れないと思います。

「イイ先生にさえ習えば、すぐに上達することができる!」

といった “ 幻想 ” です。

 

もったいぶらずに先に結論をいうと、

 

 そんなことは保証されておりません。 

 

イイ先生と言っても漠然としていますが、
まあここでは、ある程度のキャリアがあって指導力もある先生とします。

そういう先生に習うと、たしかに充実感もあるし、
勉強になることもたくさんあります。
困ったときに、勇気をもらったりすることもできます。

 

でも、そうだからといって、すぐにうまくなることはまずありえません。

 

「じゃあ、悪い先生ならいいの?」と言われたら、それは当然論外です。
(悪い先生とは、あなたの良さや勇気を摘み取ってしまうな先生です。)

 

では、なぜイイ先生に習ってもすぐに上達できないのかといえば、
答えは非常にシンプルです。

 

 そういうものだから

 

・・・というと少し不親切ですが、

要は、身体(発声に必要な筋肉等)を鍛えたり、
感覚・感性を磨いたりするには相当の時間がかかるのです。
あらゆる声実験を重ねていくことで理想の声に近付いていくわけです。

歌の場合は、音楽面のみならず、
言葉に関する訓練も必要となってきます。

 

もちろん才能があれば、すぐにうまくなる可能性はあります。
中には、独学でもすぐに上達してしまう人もいるかもしれません。

しかしそれは特殊な事例であって、
通常は、そんな簡単にはうまくなることなんてできません。
何人も一流音大に進学させたような偉大な先生に習ったとしても、です。

 

もちろん、イイ先生だとあなたをうまくリードしてくれると思います。
あなたの能力を存分に引き出してくれるはずです。

でも、あなた自身が訓練を積まないことには、上達はありえないのです。
1ヶ月2ヶ月でいきなりパッとうまくなったら、
おそらく趣味で歌を習っている方の大半がプロになれてしまいます。

 

声楽も職人の業

 

才能があってもなくても、努力は必要不可欠です

日々、絶え間なく自分の声と向き合って自主訓練を積むことで、
声というのは磨かれ、また必要な感性も徐々に備わってくるのです。

 

いわば、「声楽=職人の業」です。

 

ちょっとやそっとでうまくなってもらっては私も困り果ててしまいます。
長年培ってきたノウハウを、いとも簡単に身に付けてもらっては、
私自身、「今までの苦労は何だったんだ」と落ち込むことになってしまいます(笑)

 

まあ、人それぞれで “ うまい ” のレベルは違うと思いますが、
そのレベルがどうであれ、その地点まで行き着くには、
それ相応の努力・訓練が必要となる、ということを忘れないでください。

他力本願ではなく、自分の力で切り拓いていくことが上達の必要条件なのです。

 

結局、どのくらいの期間を要するのか?

 

もうだいたい答えは明らかになってきていますが、
歌がうまくなるまでの期間というのは、

 

 人それぞれ

 

です。

同じ努力量であったとしても、人によってバラツキがあります。
才能の違い、センスの違い、考え方の違い、性格の違い、身体の違い、環境の違い、
そしてやる気や努力の違い。

こういったもの全てが複雑に絡み合い、期間にバラツキが出てきます。

プロレベルとなれば、何年やっても到達できない人もいるでしょうし、
到達できるとしても云十年かかったりすることもザラです。

プロほどではないけど人前でしっかり歌えるレベルとなれば、
早い人でも数年、通常は10年以上はかかると思っておきましょう。
いや、目指す理想像によっては、やはり云十年スパンでしょうか。

ヘタクソでもいいから最低限人前で歌えるレベルであれば、
まあ1年未満でOKという人もいますが、
長めに見て2,3年を想定しておくのが良いでしょう。

 

 ※ まあ、いくら上達しても、向上心があると、
 「自分の歌はうまくない」と思うことが多々出てくると思います。
 なので、上記のお話は、あくまで “ 客観的に見た場合 ” のお話です。 

 

最後に

 

「そんなにかかっちゃうの?」
と思った人もいると思いますが、はい、かかっちゃうんです・・・。

 

声楽のノウハウは、
頭で理解できたとしても体がついてこないことが本当多いです。
(特に歳を重ねてくると)

声帯や筋肉なんて目で見えないので、
想像力をフル回転させて、「ああでもないこうでもない」と試行錯誤しつつ、
長い時間をかけて声の研究をしていくわけです。

 

私も、先生からノウハウを学んで、そっくりそのまま吸収できればいいな♪
・・・なんて考えていた時期もありましたが、
いくら真似をしても、当然体が違うわけですから再現は不可能です。

理想の声を思い描いていても、
そこに持っていくまでには色々と考え、歌って試し、録音して聴き、
そしてあらゆる曲に挑戦して多角的に磨いていかなければ、
そこにはなかなか近付くことができません。

 

以上は、あなたの夢を潰すためにお伝えしたわけではなく、
「淡い期待を抱いた後に現実を見て落胆する、
といった苦い経験をしないように」と思ってお伝えした次第です。

「そういうもんなんだ」と思っておくことで、
将来を冷静に見据え、安心して学んでいけると思っています。

 

では、さらば!

関連記事

声楽を習い事にすることのメリット・デメリット
声楽を習い事にしようと考える大人の方は少なくありません。きっかけはどうであれ、声楽を習うというその姿勢に対して、私はとても嬉しく思います。ただ、習いたいからといってすぐに飛びつくのは待って!先にメリットとデメリットを抑えておきましょう。
声楽を独学して成長することはできるの?
声楽の歌声に魅力を感じ、いざ独学でやってみようとヤル気を込める人は少なくないと思います。では、独学だとどこまで成長できるのでしょう?そもそも、独学で学ぶことは可能なのでしょうか?ここでは、声楽教室と比較しながらお話ししていきます。
声楽教本『コンコーネ50番』は難しい!?学習者の声とは…
声楽の教本でよく使われている『コンコーネ50番』。どこにそんなホーリツがあるのが知らないけれど、日本の指導者は、初心者に対して積極的にこの教本を使いますね。でも、コンコーネって難しいですよね。初心者に本当に向いているのでしょうか?
高い声が簡単に出るようになる方法とは?
歌をやっている人なら、誰もが高い声を簡単に出したいと考えることでしょう。「高い声が出せる=歌が上手い」といった風潮もありますよね。では、どんな方法を実行すれば高い声が簡単に出るようになるのでしょうか?その驚愕な答えが、ここにあります。
まずは自然な歌声を目指そう!それが声楽上達への第一歩!
声楽を学ぶときは、当然発声法の基礎を固めることが重要です。しかし、初心者の多くは、「声楽(オペラ)の発声=厚く野太い声」というイメージを持っていることが多い気がします。でもそうではなく、いかにして自然な歌声を目指すか?がポイントなのです。
声楽レッスンにかかる料金の相場って?
声楽を習おう!と、色々な音楽教室を探されている方は多いと思いますが、そこで気になってくるのは、レッスンにかかってくる料金の相場です。私が調べたところ、安い教室から高い教室まであり、さらに考え方によっても妥当価格が変わるため、相場が不透明です。
太っていると歌がうまくなる??
声楽家の人たちを見ていると、体格の良い人(悪く言えば太ってる人)がけっこう多いですよね。そういう人の声を聴くと、やっぱり声量があってうまい気がします。では本当に、太っていると歌がうまくなるのでしょうか?それは単なる先入観なのかもしれませんよ!?
レッスンは「恥ずかしい」という羞恥心を捨てて臨もう!
音楽、ことに声楽のレッスンでは、自ら声を発するのみならず、身体的・演技的なトレーニングも行います。そのとき、「恥ずかしい」という羞恥心があると、あなたの表現力が磨かれるまでに時間がかかってしまいます。レッスンは堂々と臨んでみましょう!
声楽は、40代でも50代でも60代でも誰でもOK?
趣味で(あるいは本気で)声楽を始めるとなったとき、「今からでは遅いのではないか?」と思ったことのある方は多いでしょう。誰しも声高らかに歌ってみたいものですよね。そこでこの記事では、間に合うのか手遅れなのかどうなのか、考察してみましょう。
声楽の先生と合わない?「相性」はとても大切な要素です
声楽の先生と気が合わない、方向性が食い違うなど、うまくいっていない方は少なくないでしょう。でも、相性というのは、学習・成長の上でとても大切な要素です。先生の実力や経歴云々より、相性をまず優先的に考えてみる必要があるかもしれません。
グッと伝わる!日本の唱歌の歌い方
●場所:わらべ館(鳥取市) ●日時:平成29年6月10日(土)14:00-15:30 ●講師:蔭山卓司(声楽家) ●内容:レクチャー(唱歌における日本語の舞台語発音について)、ウォームアップ、唱歌の練習と実践、クールダウン
失恋後、立ち直る方法のひとつとして声楽を始めるも良し!
恋人にふられてしまって落ち込んでいる方、元気になりたい方は、気晴らし・憂さ晴らしのために、一度声楽を始めてみてはいかがでしょうか?声楽には、失恋後の沈んだ気持ちを立ち直らせ、はたまた、心にそっと寄り添ってくれる優しさがあると私は思っています。

体験レッスンの詳細はこちら


体験希望の方へ 在室生の方へ レッスン・オプション お申込み・お問合せ
当サイトに掲載されている文、イラスト、画像等を無断で複製、転載、使用することは固く禁じます。

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加