楽典とソルフェージュを学ばれる生徒さんに送った学習サマリー(有料オプション)の例です。

この方は普段、仕事の中で音楽に触れることが多く、自身の音楽力を向上させるべくレッスンに通われています。
今回は、以前に行ったブラッシュアップテストの回の学習サマリーです。

なお、プライバシーにかかわる部分は伏字(〇〇)にしてあります。

是非参考になさってみてください。

【第19回】楽典・ソルフェージュブラッシュアップテスト1の合否結果および講評など

 

〇〇さん

 

毎日うだるような暑さが続いており、秋が待ち遠しく感じられます。

さて、今日はテストお疲れさまでございました!
きっと緊張されたと思いますが(私も緊張しました 笑)、終わってみるとホッとしますね。
しかし、合格発表が気になり、時間を長く感じていらっしゃるのではないか?と思います。

大変お待たせしております。。。

では早速、合格発表からまいりたいと思います。
心の準備をお願いいたします。

 

【合否結果】

合格の場合→1、不合格の場合→2
として、以下に発表します。

 

 

 2

 

 

 

【講評】

結果としては残念でした。私も、問題を作っておきながら、少し落ち込んでおります。
でも、60分大変健闘されたかと思います。
結果はあくまで結果でしかないので、これに懲りず、次に生かしていきましょう。それこそが重要ですね。
再テストも可能なので、復習後の確認のために受験なさってみるのも、選択の一ではありましょう(ご自由になさってください♪)。
また、今回の結果を踏まえ、今後のレッスンの進め方を考えていきたいと思います。
さて、下記に、各科目ごとのアドバイスなどをまとめました。ぜひ参考になさってみてくださいね。

●楽典

基本的な内容からの出題でしたが、やや細かい論点もあり、迷いが生じたかと思います。
今回の出題の意図は、「基本的なところを、なんとなくではなく、確実におさえているか?」というところにあります。
はじめの三肢択一式問題では、記述の中の ポイントとなりそうな箇所や誤っていそうな箇所 に線や〇を付けながら解いていくと良いでしょう。
手を動かすことで脳に刺激が行き渡り、「あっ!」とひらめくことが意外にあるのです。
解答用紙を見ますと、最後のほうの問題が未解答となっていました。音階の問題で時間を多く消費したかと思います。
実は、音階より後の問題は、点数を取りやすくなっていました。
時計とにらみ合い、「時間がかかりそうだな」と思ったときは、先に後ろの問題に目を通してみると良いでしょう。
もっと言えば、1から順に解くルールはないので、スタート直後に全問を見渡し、答えやすそうなところから解答していくと、得点UPにつなげることができます。
スラスラ筆が進むと、モチベーションや脳の回転数も上がります。
その上でケアレスミスを無くせば、基準点到達可能性を引き上げることができます。
復習こそが大切なので、ぜひ最初から最後まで解き直し、(少なくとも今回の出題内容に関しては)確かなものとして固めておきましょう!

●聴音書取

限られた時間と回数の中で奮闘されましたね。
音のミスがちらほらありましたが、リズムは非常に良くとれていました。
音については「跳躍進行」が大きな課題でしょう。
また、日頃の練習ではうまく取れていても、いざテストとなると、普段の思考回路が遮断され、ミスをしてしまうことが起こります。
まずは深呼吸をして、肩の力を抜いて聴音に臨むようにすることが、得点UPの第一歩といえるでしょう。
今後のレッスンでは、そういった点を含め、確実に音を狙っていく練習をしていけたらと思います。

●コールユーブンゲン

大変良くできていました。音程も下がらず、終始明るいイメージで歌い上げられたと思います。
ただ、テンポをもっと遅くしたら、よりゆとりを持って歌えたのではないか?と思います。
今回は見事に歌い切ることができましたが、より細かいリズムが出てきたら、ゆっくりめのほうが安心ですね。
本番は、緊張もあってテンポが速くなりやすいので、「遅めに」というのを意識してみましょう!

●新曲視唱

全体として、おおむね良くできていました。
臨時記号による半音進行が惜しかったのと、後半でややつまずいたところがあったのが減点につながってしまいました。
これも、コールユーブンゲンの欄に書いたように、テンポを少し落とすと、よりゆとりを持って歌えます。
ピッチが変に下がったり上がったりということは無かったので、それは高く評価できるところです。
新曲視唱についても、今後回数を増やしていきましょう。特に「臨時記号」については課題なのではないか?と思います。

 

【むすび】

色々凹む点はあるかと思いますが、とりあえずのところはしっかり凹んでいただき、明日からでも復習に取り組まれてみてください♪
私も、これからのレッスンでどのような課題をやっていこうかを、じっくり練ろうと思います。
もし、「楽典をきちんと学びたい!」ということがあれば、テキストや問題を使ってレッスンすることが可能です。
いつでもおっしゃってくださいね♪

 

【次回やること】

* 聴音書取
* 新曲視唱

一応、今日のテスト問題と解答・解説を持ってきていただけますでしょうか?
ひょっとしたらちょっとだけ触れるかもしれません。

 

・・・改めまして、今日はお疲れさまでございました。
まだまだ暑いですが、お互いしっかりスタミナをつけて、この夏を乗り越えていきましょう!

 

はと出張音楽教室 蔭山卓司