声楽の生徒さんに送った学習サマリー(有料オプション)の例です。

この方は、月1,2回のペースで趣味で習われていますが、人前で歌う機会を得て、その練習に励んでおられたこともあります。
今回ご紹介する学習サマリーでは、本番直前期のレッスンの様子をまとめてあります。

なお、プライバシーにかかわりうる部分は伏字(〇〇)にしてあります。

是非参考になさってみてください。

【第10回】Caro mio ben、〇〇(某アリア)

 

〇〇さん

 

8月ももう終わりという頃になりましたが、残暑はいまだ厳しく、まだまだ夏らしさは抜けそうにないですね。
しかし、夜に庭で鳴く秋の虫たちが、夜の良きヒーリングミュージックとなる頃です。

さて、今日もレッスンお疲れさまでございました!
今回は、〇/〇 の本番前の仕上げを行っていきました。

 

【Caro mio ben】

今日のレッスンで、端正にまとめられたように思います。
当日までに、下記の点を再度意識しながら練習を進めていただけますでしょうか?

* 心は熱く、頭は冷静に。
* 聴いている人が、「あ、いいメロディーだな」と自然に聴けるように歌う。
* 伸ばす音で息が続かないときは、早めに切り上げる。
* 特に取り繕わず、落ち着いて歌う。
* 落ち着いても、体の支えは崩さず、テンションも保つ。

「何か表現しなきゃ」と思ったり疲れてきたりすると力が入るので、その辺も加味しつつ、残りの練習に励んでいただきたいなあと思います!

 

【〇〇(某アリア)】

これについても、あれやこれやと表現をつけようとするよりは、全体的にはシンプルに歌っていくと良いでしょう。
ただ、「Caro mio ben」との差を出したいところなので、部分的に演技を入れたり、最後の最後でしっかりアピールして終えるようにすることが大切ですね。
そして、言葉をよく語って(発音して)歌っていきましょう。

 

【むすび】

本番前に、再度楽譜をチェックいただき、譜面どおりに歌う練習もなさってみてください。
〇〇さんは、十分に表現を付けようと努めていらっしゃるので、今以上に頑張ることなく、あくまでもシンプルさを保って歌われると良いでしょう。
特に、聴き手の中に心を重たくしている方が多いともなれば、なおのこと冷静さを保ち、2曲目の最後のほうでようやくアピールするようにすると、バランスが取れて良いのではないか?と思います。

残り3日あるので、今晩と明日あたりで最終練習していただき、土曜日は軽く練習なさると良いでしょう。
身体の面も心配な点がおありかと存じますが、なるべくプラスに考えて、モチベーションを維持していただけたらと思います。
もし、練習面やパフォーマンスの点で不安なことが出てきましたら、いつでもメールください♪

あと、本番、万一歌詞が飛んでも、素知らぬ顔で歌われてくださいね。
間違いなんて本番には付き物ですから、完璧は求めず、7割出せればいいやくらいでよろしいかと思います♪

 

【次回やること】

* コンコーネ50番の32
* 赤とんぼ

先ほど「やりましょう」と話していた 31 は、どうやら仕上げてあったっぽいです!
なのでコンコーネは 32 のみにしたいと思います。
(もし 31 もやりたければ、レッスンいたしますね♪)

 

室温管理に気を付けていただき、本番まではなるべく温かいお茶などを飲んで過ごされてみてください♪
本番歌う直前は、冷たい飲み物や食べすぎなどに気を付けていただき、その時点での安定したパフォーマンスができるといいですね!
〇〇さんらしく歌えることをお祈りしております(^^)

 

はと出張音楽教室 蔭山卓司