失恋後、立ち直る方法のひとつとして声楽を始めるも良し!
失恋後、立ち直る方法のひとつとして声楽を始めるも良し!

失恋後、立ち直る方法のひとつとして声楽を始めるも良し!

失恋後、立ち直る方法のひとつとして声楽を始めるも良し!

ご訪問いただき、ありがとうございます。
はと出張音楽教室の蔭山でございます。

 

この記事に辿り着いた方の大半は、おそらく、
つらくて重い心持ちでいらっしゃることと思います。

恋人にふられてしまった、あるいはふられそうなときは、
相手への愛が深ければ深かったときほど、
死にたくなるほど苦しく、食べ物もノドを通らず、
夜は眠れず、涙は枯れるほど流れてくることでしょう。

そんなさなか、この記事にいらっしゃったことは、
正直、パワーが必要だったと思いますし、
なにより、前向きになってきているという証拠でもありましょう。


とはいえ、苦しみというのは簡単には癒えません。

時間が解決してくれるのかもしれませんが、
昨日まで隣にいた人が急にそっぽを向いてしまった喪失感、
そして「自分のどこがいけなかったのか」という劣等感は強く残りますし、
思い出したくなくても、幸せだった時間を思い出してしまうものです。

しかし、そのままでは次なるステップには移れないのも事実です。
しばらく泣いて泣いて泣きじゃくり、思いっきり悲しんだら、
気持ちを整理し、再び元気を出して歩みを進めていきましょう。

 

そこで今回は、そんなあなたに向けて、
「声楽を始めてみるのはどうでしょうか?」と提案いたします。
声楽を勉強すると、色々と良い事があるからです。

 

では、順に説明していきましょう。

 

声として「吐き出す」ことで心の詰まりを取る

 

文字としてはなかなか表現しきれませんが、
声楽=音楽には、素晴らしい癒しの力があると私は思っています。

音楽を聴くとき、感動したり楽しい気持ちになったりするかと思いますが、
これは、自分が奏でるときにも同じことがいえます。
身を音楽にゆだね、心と音を調和させることができます。

さらに、自分が奏でるときは、
「自分の今のこの気持ちをどう表現しようか」
と、あれこれ考えながら表現していくことになります。

そして、気持ちを旋律に乗せて吐露していき、
自分自身が快感を得ることもあれば、
聴き手に聴いてもらうことで、安心感や一体感を得られることもあります

実際にやってみないと分からない部分も大きいですが、
自分の中に溜まった気持ちを、声と共に外に吐き出すという行為は、
ストレスを解消する上でも、非常に良い効果をもたらすでしょう。

 

深い呼吸がもたらす、心の安定

 

声楽では、腹式呼吸を習得することになるので、練習すれば、
深い呼吸で歌うことができるようになります。

 

失恋して気持ちが不安定になっているときは、
呼吸が浅くなりがちです(胸式呼吸)。
でも、浅い呼吸は、元々非効率な呼吸です。
体のどこかに力が入ったりして、あまり理想的とはいえません。

逆に、深い呼吸(腹式呼吸)では、筋肉等をうまく使うことで、
酸素と二酸化炭素の交換を効率よく行うことができ、
また、体の無駄な力みも入りにくくなります。

腹式呼吸をすることで、自律神経も安定しやすくなると言われており、
それが叶うことで、気持ちも整理がつきやすくなり、
元気になったり、次なるアクションを踏めるようになったりします。

もちろん、元々腹式呼吸が苦手な方はある程度の訓練は必要ですが、
苦手でも、深い呼吸をしようと努める姿勢にこそ意味があるのです。

 

声楽には、深い呼吸を習得しやすい豊かな曲がたくさんあります。
そういうのに触れていくことで、
心身共に健康・美容を促進することにもつながりますので、
失恋時のみならず、この先ずっと役に立つことと思います。

歌詞が癒しになることもある

 

声楽は歌ですから、歌詞が付いている曲が多いです。

日本語をはじめ、イタリア語、ドイツ語、英語、フランス語・・・。
それはもう多種多様で、本当色々な内容があります。
恋の歌、宗教的な歌、自然を愛でる歌、そして劇的な歌などたくさん。

どれも芸術的で情感豊かなものばかりです。

 

どんな内容のものが、あなたの心と共鳴するかは分かりませんが、
失恋時には恋の歌がなぜかしっくりくることもあるでしょうし、
逆に、宗教的な歌で何かを悟ることもあるでしょう。

 

例えば、恋の歌ひとつとっても、

「私の心は失恋に勝利した!」
「あなたがいないと、死んだも同然よ!」
「君は太陽のようだ!誰よりも美しい!」

といったイタリア的なものもあれば、

「蓮の花は、月の光で震える」
「俺は見たぞ、あのかわいい子が教会へ行くのを」
「ぼくは夢の中で泣いた。目が覚めてもずっと」

といったドイツ的なもの、

「しぐれよ、この気持ちをあの人に告げておくれ」
「今宵は月も出ぬそうな」
「本棚も机もカビだらけになってしまった」

といった日本的なものがあります。

いや、以上だけでは書き足りませんし、
~~的と判断するには、十分ではないかもしれません。
実際にやってみることで、少しずつ分かってくる世界です。

 

それはともかく、
芸術性の高い歌詞ばかりなので、
パッと読んでは理解できないことも多々ありますが、
深く読みこみ、歌えば歌うほど、
その歌の世界にしびれる
ことはよくあります。

それが、自分自身の考え方人生観につながることもありますし、
そっと心に寄り添い、癒してくれることもあります

 

なにより、最高の気晴らし・憂さ晴らしになる

 

上記では少し難しいお話をしてしまいましたが、
何はともあれ、声楽が新たな趣味となると、
それ自体が最高の気晴らし・憂さ晴らしとなることでしょう。

いや、声楽に限ったことではないかもしれません。
とにかく、趣味に勤しむという行為自体、
私たちにとっては大きな活力・原動力となりえます。

自宅では、可能な範囲で練習に励み、
レッスンでは、講師とコミュニケーションをとりながら深めていきます。
そのサイクルを続けることで、生活も活気づいてきます

どこかの貸スタジオでレッスンをするのであれば、
その行き帰りも良い運動となり、脳に良い刺激を与えるはずです。
レッスンついでにショッピングや美容院などの道草をするのもワクワクしますね。

 

失恋時は、なかなか腰が重く、
足を踏み出すまで時間がかかってしまうかもしれませんが、
気が向いたら、是非外へと意識を向けるようにしてみましょう。

 

最後に

 

最後は手前味噌な内容になってしまいますが、
もし興味がございましたらお読みくださればと思います。

当教室では、出張型レッスンを行っております。
生徒のご自宅、または、街中の貸スタジオにてレッスンを行います。
声楽と、楽典・ソルフェージュのレッスンが可能です。

生徒とのコミュニケーションを重視しながら、また、
生徒の歩幅を考慮しながらレッスンを進めていきます。
楽譜が読めない方でもOKです!

 

ふられてしまってくよくよしている方、
恋人との関係が悪化してそわそわしている方、
もしちょっとでも気持ちに余裕が出てきましたら、
是非一度体験レッスンを検討なさってみてくださいね♪

愉しくて素敵な声楽の世界へとご案内いたしましょう(^^)

 

 声楽レッスンについて

 

体験レッスン

関連記事

声楽を習い事にすることのメリット・デメリット
声楽を習い事にしようと考える大人の方は少なくありません。きっかけはどうであれ、声楽を習うというその姿勢に対して、私はとても嬉しく思います。ただ、習いたいからといってすぐに飛びつくのは待って!先にメリットとデメリットを抑えておきましょう。
声楽を独学して成長することはできるの?
声楽の歌声に魅力を感じ、いざ独学でやってみようとヤル気を込める人は少なくないと思います。では、独学だとどこまで成長できるのでしょう?そもそも、独学で学ぶことは可能なのでしょうか?ここでは、声楽教室と比較しながらお話ししていきます。
声楽教本『コンコーネ50番』は難しい!?学習者の声とは…
声楽の教本でよく使われている『コンコーネ50番』。どこにそんなホーリツがあるのが知らないけれど、日本の指導者は、初心者に対して積極的にこの教本を使いますね。でも、コンコーネって難しいですよね。初心者に本当に向いているのでしょうか?
高い声が簡単に出るようになる方法とは?
歌をやっている人なら、誰もが高い声を簡単に出したいと考えることでしょう。「高い声が出せる=歌が上手い」といった風潮もありますよね。では、どんな方法を実行すれば高い声が簡単に出るようになるのでしょうか?その驚愕な答えが、ここにあります。
まずは自然な歌声を目指そう!それが声楽上達への第一歩!
声楽を学ぶときは、当然発声法の基礎を固めることが重要です。しかし、初心者の多くは、「声楽(オペラ)の発声=厚く野太い声」というイメージを持っていることが多い気がします。でもそうではなく、いかにして自然な歌声を目指すか?がポイントなのです。
声楽レッスンにかかる料金の相場って?
声楽を習おう!と、色々な音楽教室を探されている方は多いと思いますが、そこで気になってくるのは、レッスンにかかってくる料金の相場です。私が調べたところ、安い教室から高い教室まであり、さらに考え方によっても妥当価格が変わるため、相場が不透明です。
太っていると歌がうまくなる??
声楽家の人たちを見ていると、体格の良い人(悪く言えば太ってる人)がけっこう多いですよね。そういう人の声を聴くと、やっぱり声量があってうまい気がします。では本当に、太っていると歌がうまくなるのでしょうか?それは単なる先入観なのかもしれませんよ!?
歌がうまくなるまでの期間は?
ポップスや声楽などの歌を始めた方は、歌がうまくなるまでにどのくらいの期間を要するのか、考えたことがあると思います。「素晴らしい先生に習えばすぐに上達するはず!」と期待を抱いている人もいるかもしれませんね。しかし、現実はそうとは限らないのです。
レッスンは「恥ずかしい」という羞恥心を捨てて臨もう!
音楽、ことに声楽のレッスンでは、自ら声を発するのみならず、身体的・演技的なトレーニングも行います。そのとき、「恥ずかしい」という羞恥心があると、あなたの表現力が磨かれるまでに時間がかかってしまいます。レッスンは堂々と臨んでみましょう!
声楽は、40代でも50代でも60代でも誰でもOK?
趣味で(あるいは本気で)声楽を始めるとなったとき、「今からでは遅いのではないか?」と思ったことのある方は多いでしょう。誰しも声高らかに歌ってみたいものですよね。そこでこの記事では、間に合うのか手遅れなのかどうなのか、考察してみましょう。
声楽の先生と合わない?「相性」はとても大切な要素です
声楽の先生と気が合わない、方向性が食い違うなど、うまくいっていない方は少なくないでしょう。でも、相性というのは、学習・成長の上でとても大切な要素です。先生の実力や経歴云々より、相性をまず優先的に考えてみる必要があるかもしれません。
グッと伝わる!日本の唱歌の歌い方
●場所:わらべ館(鳥取市) ●日時:平成29年6月10日(土)14:00-15:30 ●講師:蔭山卓司(声楽家) ●内容:レクチャー(唱歌における日本語の舞台語発音について)、ウォームアップ、唱歌の練習と実践、クールダウン

体験レッスンの詳細はこちら


体験希望の方へ 在室生の方へ レッスン・オプション お申込み・お問合せ
当サイトに掲載されている文、イラスト、画像等を無断で複製、転載、使用することは固く禁じます。

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加