音大生の就職先とは?
音大生の就職先とは?

音大生の就職先とは?

体験レッスンの詳細はこちら

音大生の就職先とは?

音大生の就職先とは

ご訪問ありがとうございます!
はと出張音楽教室の蔭山です。

 

今回のお話は、少し込み入った内容です。
タイトルにもあるように、音楽大学に通う学生の就職先についてです。

 

世間一般的な考え方がどうなのかはハッキリわかりませんが、
「音大生は演奏家一筋で就職なんか眼中にない」
と考えている非音楽家は、けっこう多いような気がします。

たしかに、私もかつてはそうでした。
といいますか、自分自身、音楽家の道しかないと考えていて、
がむしゃらになって練習に励んでいました。

 

でも、実際、プロの演奏家になれるかどうかは分かりません。
いつ芽が出るのか、見込みはあるかなんて、
私の師匠だって、おそらく分からない難問だったと思います。

 

「音楽家」という職だけに固執しないで

 

そこで音大生の皆さんに私が伝えたいことは、
「音楽家」という名のついた職だけが就職先ではないということです。

 

音大生も、他大学の学生と同じく、
3年次から真剣に将来のことを考える機会が与えられます。

就活についてのセミナーや、一般常識の講義、マナー講習などが行われ、
希望者は参加することができるわけです。

ところが、実際、それらに参加する人は多くない気がします。


私が統計をとったわけではないですが、
そのような気がするのです(つまり、あくまでイメージで書いています)。

なぜならば、私のまわりは、幼い頃から音楽に勤しんできた人ばかりでしたから。
就活しているといった話もさほど聞かず、
少なくとも、私や仲の良い友人は、漠然と「音楽の道に進む」と考えていました。

そのため、まともにセミナーや講習を受けたことがありませんでした。
全員ではないですが、まわりにも同じような人がいたせいか、
根拠もなく「ダイジョーブ!」とか思っていました。音大マジックです。

 

でも、演奏活動だけで食っていける人というのは、
ほんのごく一部分の人に限られる・・・というか、
実際、0ということだって十分にありえます。

私は私立音大であったため、学生のレベルもピンキリでした。
演奏活動ができるレベルを持った人は希少だったように思います。
(あくまで私自身が抱いている印象です)

 

では、実際問題としてどうすべきだったのかというと、
きちんと就職活動をすべきだったかも…ということです。

 

音大に通っている頃というのは、
まわりが音楽で溢れ、それがいわば普通な状況でした。

そのせいなのか、ダイジョーブという錯覚に陥るわけです。
就活なんかしなくてもなんとかなる!と考えていたのです。

当然、卒業時や卒業後に現実を知る
(というか、それまでも知ってはいたけど実感していなかった)わけですが、
その頃には「時、すでに遅し」な状態でした。

 

結局私は、卒業後一年の時を経て、大学院に入り、
声楽をより深く究めていくことになりました。

当然、大学院での研究は真面目に行いましたが、
「ただ、現実と向き合うことを先延ばしにしているだけではないか」
と考え、落ち込んだこともあります。

それでも、大学院修士課程の2年間は決して無駄ではなく、
色々と将来について考えることができました。もちろん研究も。

やはり就活はしなかったですが、自分なりに将来を構築していこうと考え、
事業を立ち上げたり演奏活動をしたり音楽講師をしたりしているうちに、
月日は経っていきました。

そして今、音楽講師という仕事にやりがいを感じ、
ついにはこの “ はと出張音楽教室 ” を起ち上げて現在に至ります。

 

結局のところ、ひとつに固執をせず、
あらゆることを可能性として考えてみることが大事だなあと思いました。

「演奏活動で食っていくだけしかありえない!」
という考え方をしていては、視野が狭まってしまうばかりでしょう。

仕事に就く形は人の数だけあると思います。
音大に出ていようがそうでなかろうが、それは同じことではないでしょうか?

 

就職活動は「する」という方向で考えてみよう

 

音大生は、なんだか特別な感じがしますが、
法学部や工学部、教育学部等々に通う人と、
本来は同列で考えるべきなのではないかと私は考えています。

法律を研究したからといって弁護士や法律の専門家になれるとは限りません。
工学系であっても、自分の研究テーマと全く同じ職に就けるとは限りません。
教育だって、教師になれる保証はありません。

音楽だって同じです。音楽家(私なら声楽家)になれる保証はなく、
なれたとしても、いずれ仕事が無くなる可能性だってあります。
(しかも、こんなご時世ですから なおさら・・・)

 

・・・と考えると、少しでも安泰を望むなら
音大生もきちんと就職活動をしたほうが良いのではないかと思います。

 

「そんな!幼い頃からずっと音楽しかやってこなかったんだ!
親にも大変な迷惑をかけたし、プレッシャーを与えられている!
今さら他の道を考えろって言われも、できないよ!!」

といった音大生もいるかもしれませんが、
よほど見込みがあるわけではないのなら、
今日からでも就職活動を検討してはどうでしょうか。

「夢を捨てろっていうのか!?」
といったお叱りも頂戴しそうな気がしますが、
別に夢を捨てるというわけではありません。

夢は持ち続けていただき、
その夢を叶えるために就職を目指し、就活というアクションを起こすのです。

 

演奏活動をしていきたくても、とにかくお金がかかります
それに生活もしていかなければなりません。

いつまでも親の脛をかじっているわけにはいきません。
今は頼れる親であっても、いつか必ず死にます。
それまでには、なんとか自立していたいものですよね。

さらに、自分の老後のことも考えたほうがなお良いでしょう。

 

就職活動はしたほうが良いです。
やれる機会があるのなら、迷わずに就活に出ましょう!

 

「音大出身だから」と卑下するなかれ

 

よく、音大出身者は就職に不利だといった話を聞きます。

企業の人事担当者にも「音大=特別」という先入観を持った人がいるようで、
音大生が受けに来ると「なぜ?」と思わずにはいられないようです。

 

でも、そこで就活者がひるんでいてはいけなくて、
「なぜ?」に対する答えやビジョンを持っていないと、
当然人事担当者には「やっぱりダメだ」と嫌なレッテルを貼られかねません。

 

就活をするからには、「音大生だから・・・」と怯むことなく、
正々堂々と勝負すべきだと思います。

なんとな~く就活している人でも、
一度、現実思考で将来のことを考えれば、
おのずと真剣になれるのではないでしょうか。

 

なお、私が別のところで教えている声楽の生徒さんに、
ずばり人事担当をしている方がいらっしゃいます。

その人には、私はこう伝えました。

「音大出身の私が言うのはおこがましいですが、言わせてください。
音大生は、我慢強くて使える人が多いと思いますよ。

マナーにも気を遣ってきているし、自分と向き合う時間も多いです。
自分をマネジメントして、頑張っている人が多いです」

と。

まあ、ちょっとだけ格好つけて言ってしまった部分もありますが(笑)、
実際、音大出身者というのはなかなか芯の強い人が多いと思います。
ただ、就活を積極的にやらないというだけで・・・。

この手のお話については、

『「音大卒」は武器になる』
 (著者:大内孝夫、協力:武蔵野音楽大学、出版社:ヤマハミュージックメディア)

といった書物に詳しいでしょう。
今回のこの記事の内容も、その本の影響が少なからずあると思います。
ちなみに、上の生徒さんにもオススメしてみました!

 

起業するという形もある

 

最近は「社畜」という言葉もあるように、
就職するというのは雇われの身となることを意味します。

定年退職するまで会社という檻に入り、
組織的な行動をとりながら働くことになります。

そのため、フリーターよりは俄然安泰ではあっても、
自由が利きづらいといった側面もある
でしょう。

 

もちろん、自分の理想の会社に入ることができれば、
これほど喜ばしいことはありません。

 

しかし、理想の会社なんてなかなかないし、
下手をすればブラックホール並みのブラック企業。
ホワイトであっても、完全な自由はありえないでしょう。

 

何を妥協し何を諦めるかによっても変わるとは思いますが、
中には「どう考えても就職なんかムリだ!!!」
という人もいて然るべきだと私は考えています。

(それは、探す前から諦めるということではなく、
就職活動をした結果のお話です。
まあ、諸事情で就活が不可能となった場合も含みますが。)

就職が無理(できない)と分かった場合でも、
何とかして生き延びる方法を考えなければなりません。

 

そこで検討してみたいのは、ずばり「起業」です。

 

「起業」といっても数は限りなくあり、また独創性も必要となってきますが、
音大で培った柔軟な発想力を生かして起業するのも面白いかもしれませんね。

楽器店経営、音楽教室経営、音楽図書館経営、
ほか、音楽とは関係ない企業を打ち立てたり、事業を始めてみたりと、
自分の好きなことで社会に貢献できる強みがありますよね。

 

そういえば、最近では、
ユーチューバー(YouTubeで活躍する人)というのもありますね。

あれはネット広告で稼いでいくという形になり、
広告代理業やアフィリエイトと呼ばれるビジネスに近いものがありますが、
それで食っていくとなれば、立派な個人事業主と言えます(納税義務者となりえます)。

 

いずれにしても、やはり起業するからには、
真剣に取り組む姿勢は必要不可欠で、生半可ではいけないと思います。

自由さはありますが、就活よりも大変なタスクとなる可能性もあるでしょう。
なにしろ自分の頭で柔軟に考えて工夫していかなければなりません。
雇われの身ではない分、気を抜けばその時点で「終了」でもあります。

それに、事業主ということは、
自分の事業について全て責任を負うということにもなります。

 

就職ばかりが生きる方法というわけではないのですが、
どんな道を選んでも、必ず自分の思いどおりになるとは限りません。

たとえ演奏家になれたとしても、それこそ立派なビジネスです。
同時に、演奏家もまた個人事業主、すなわち起業家であるわけです。
経済・政治や一般社会の動向に触れずにいられることはないでしょう。

 

今を大切にしよう!

 

少し厳しいことも書いてきましたが、
いずれも、音大生のみならずあらゆる大学の学生が考えるべきことです。

特に音大というのは、どうやら特別視されることが多いようで、
それを理由にしてまともに就活しない人も多いでしょうし、
音大生自身が「自分は他の奴らとは違うんだ!」と頑なになっているケースもある気がします。

 

まあ、結論は私が出すわけではないので、
「好きにすれば良いよ」と勝手なことを言って終わりにしたいと思いますが、
ひとつだけ守ってほしいものがあります。

 

それは、

 今を大切にする

ということです。

 

何もアクションを起こさずにボヤボヤするほど無駄なことはありません。
もちろんリラックスタイムは必要ですが、
意味のない時間を過ごすことだけは無くしたいものですね。

同じ時間を過ごすのなら、
少しでも将来を見据えて自分にできることをやってみましょう。

練習でも良いし、掃除でも良いし、本を一冊棚にしまうだけでも良いと思います。

そうすることで、さらに次のアクションを起こせます。

就活だって起業だって、それらの積み重ね。
今を大切にし続けてきた結果、あなたらしい将来が決まるのではないでしょうか。

関連記事

最適なレッスン時間とは
当教室では60分、90分、120分の音楽レッスンを設けております。このページでは、それぞれのメリットやデメリットについてご説明します。是非、ご自身のニーズやスケジュールとご相談の上、自由に決めていただければと思います。
生徒のレッスンの掛け持ちには賛成ですが…
ピアノ・楽器、声楽など、大抵はひとりの先生だけに習うことが多いでしょう。でも中には「先生のワザを盗みたい」「色んな意見を取り入れたい」と思って掛け持ちを検討される方もいるでしょう。でもちょっと待った!私が、賛成派の立場から注意点を述べたいと思います。
音楽は文系?理系?
高校のクラス分けや将来の進路ビジョンを立てるとき、日本では「文系」と「理系」に分けることが通例となっています。では、音楽大学志望者はどちらのクラスに進むべきでしょうか?また、音楽は一体どっちにカテゴライズされるのでしょうか?
楽典の勉強方法とは?
音大の入学試験等で課されることの多い楽典(音楽理論)。これに苦しんでいる高校生は、きっと少なくないでしょう。この記事では、楽典の勉強方法のコツについてお伝えしますが、期待はしないでくださいね!読んでもがっかりするだけかもしれません。
勉強中にクラシック音楽をBGMとして流すのは…
勉強をしている最中にクラシック音楽をBGMとして流して学習効率を上げようと頑張っている学生さんは、おそらく少なくないと思います。でも、その効果はどれほどのものなのでしょうか?また、悪影響というのは…?この記事でちょっくらお伝えしてみましょう!
音大に行きたいなら、高校は普通科ではダメなのか?
小学生や中学生のうちから音楽大学への進学を考えている人は、高校を音楽科にしようか普通科にしようか迷うかと思います。でも一方で「音大行くなら高校は音楽科!普通科はダメ」と決めている人もいることでしょう。では、本当に普通科ではダメなのでしょうか?
レッスンに行きたくない→正直にお伝えくださると嬉しい!
誰しも、「レッスンに行きたくない」と思うときがあるかと思います。たとえば、ヤル気を失ったとか、心に余裕がないとか、体調が優れないとか・・・。すると、そういうことを言葉に出さず、無沙汰になってしまう人もいらっしゃいます。でも、そういうときこそ、正直にお話しくださると、お互い、気持ちが通じ合い、楽になるかと思います。

体験レッスンの詳細はこちら


体験希望の方へ 在室生の方へ レッスン・オプション お申込み・お問合せ
当サイトに掲載されている文、イラスト、画像等を無断で複製、転載、使用することは固く禁じます。

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加