次の各譜面には,略記号,簡略記号および反復記号(以下,略記号等とする)が用いられている。略記号等を一切使わず,アは高音部譜表に,イは低音部譜表に記譜し直せ(調号はそのままで良い)。

 

答えを見る

答えは・・・・・

 

イでは、ヘ音記号の上にも8が付いていることに気づけたでしょうか。今回に限らずケアレスミスは大変もったいないので、試験のときだけでなく、日頃から慎重に解く癖をつけていきましょう。慣れてくればスピードもUPしてきますから、日頃から、実技の練習と同じだと思って、楽典の学習に励まれてください。

さて、今日にて、楽典デイリースタディー(DS)が一通り終わりました。おめでとうございます!今年の 6/12 に始まり、ちょうど3ヶ月です。これから徐々に気温も下がり、冬が近づきます。そして受験シーズンへ……。楽典は、あまり好きでない人にとっては実に退屈な科目かもしれませんが、毎日、少しでも良いので触れ、知識やコツが忘却の彼方に消え去らないようにつなぎとめておきましょう。ひとまず、お疲れさまでございました♪^^

 

答えを隠す

 

※ 「弊教室サイト上での閲覧」以外のご利用はなさらないようお願いいたします。