次の譜面について,後の各問に答えよ。

譜面を別枠で開く

 

(1) 譜面の演奏例として最もふさわしいものは,次のア~ウのどれか。なお,それぞれに補助として音声ファイル(mp3)を添付してあるため,自由に聴いて良い。

 

 

 

 

 

(2) 譜面に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

<譜面再掲>

譜面を別枠で開く

 

 ア 四小節目の一拍目にある記号を「モルデント」という。
 イ 一小節目に4つある記号を「トリル」といい,三小節目の一拍目にある記号を「ビブラートトリル」という。
 ウ 譜面に記してある各装飾の奏し方は,音楽性やテンポなどにも依拠しうるため,必ずしも理屈どおりになるとは限らない。

 

答えを見る

答えは・・・・・

 

 (1)ア (2)アおよびイ

 

 (2)のアを正しい記述にすると「四小節目の一拍目にある記号を「ターン」という。」となる。同じくイを正しい記述にすると「一小節目に4つある記号を「トリル」といい,三小節目の一拍目にある記号も「トリル」という。」となる。

 

<譜面再掲>

譜面を別枠で開く

「モルデント」は、広義には、五・六小節目の一拍目にある記号のことをいいますが、狭義には五小節目の一拍目にある記号だけを指します。六小節目の(広義の)モルデントは、「プラルラー」、「プラルトリラー」、「逆モルデント」と呼んだりもします。もっと広義には、以上のすべてと通常の「トリル」をひとくくりにして「トリル」、「トリラー」と呼ぶこともあります。
それから、四小節目と七・八小節目にある記号は「ターン」といいますが、四小節目と八小節目のターンが通常のターンで、七小節目の記号(通常のターンの記号を反転させた記号)は「逆ターン」、「転回ターン」と呼んだりします。逆ターン(転回ターン)は、今回の譜面のような記し方のほか、通常のターンに縦線を入れたり、記号そのものを縦置きにしたりして記すこともできます。

今年 6/12 に始まったこの楽典デイリースタディー(DS)は、ちょうど3ヶ月が経とうとする次週 9/11 で全範囲を一通り終えることになります。あと少し、がんばりましょう!

 

答えを隠す

 

※ 「弊教室サイト上での閲覧」以外のご利用はなさらないようお願いいたします。