次の記述で誤っているものの組み合わせとして適切なものを,後のア~オから選べ。

 

 A あるフレーズをなめらかに演奏することを示すときは,レガートを用いて記譜する。一方,隣り合う同じ高さの二音をつなげて演奏することを示すときはスラーを用いて記譜する。

 B 音を充分に保って演奏することを示すときは,音符の符頭の直上あるいは直下に – を付けるが,これをテヌート(ten.)という。

 C スタッカート(stacc.)は短く切って演奏することを示し,どの程度短く切るかは,そのときの音楽との関連性によっても変わり,確定的なものではない。また,スタッカートよりも鋭く切ることを示すときはスタッカティッシモを用いるが,この記号には,通常の・ではなく “くさび型” のようなものが用いられることが多い。

 D フェルマータが付いた音では,臨時的に拍の進行を止めることで,音を引き延ばして演奏することになる。

 E トレモロ(tremolo)は日本語で震音といい,その記号が付された一音を急速に反復して演奏することを示している。一方,二音を交互に急速に反復して演奏することを示すときは,トレモロではなくグリッサンド(gliss.)と呼んで区別する。

 

ア(A,B) イ(B,D) ウ(C,D) エ(C,E) オ(A,E)

 

答えを見る

答えは・・・・・

 

 オ

 

AとEを正しい記述にすると,下記のとおりとなる。

 

 A あるフレーズをなめらかに演奏することを示すときは,レガートを用いて記譜する。一方,隣り合う同じ高さの二音をつなげて演奏することを示すときはタイを用いて記譜する。

 <これも覚える!> スラーは,隣り合う「異なる高さの二音」の間をなめらかに演奏することを示すものであり,レガートの局所版といえる。

 

 E トレモロ(tremolo)は日本語で震音といい,その記号が付された一音を急速に反復して演奏することを示している。二音を交互に急速に反復して演奏をすることを示すときもトレモロという

 <これも覚える!> グリッサンド(gliss.)は,異なる高さの二音の間を連続的に,経過的に,または滑らせるように演奏することを示す(昨日の問題の(2)を参照されたい)。

 

 

迷う肢もあったかと思いますが、Aは落ち着いて読めば誤りと判断できます。すると答えはアとオの2つに絞り込めますね。あとはEが誤りであることを判断できれば正答できますが、慣れない人には少し難しい論点だったかもしれません。でも、Bが明らかに正しい内容なので、なんとか正解のオを選んでいただきたいところです。

 

 

答えを隠す

 

※ 「弊教室サイト上での閲覧」以外のご利用はなさらないようお願いいたします。