※お断り:今日の問題には、環境依存文字が含まれています。そのため、ご利用環境によっては一部うまく表示されていないことがあります。あらかじめご了承くださいませ。

 

次の記述のア~オに当てはまる語句を,後の[選択肢]から選べ。

 

 和音の機能には,【ア】,【イ】および【ウ】の3種類がある。
 【ア】は【エ】性格を持ち,主に が当該機能を有し,Ⅰ に準じて Ⅵ が当該機能を有するが,使われ方次第では Ⅲ も当該機能を有することがある。
 【イ】は【オ】性格を持ち,主に Ⅴ が当該機能を有するが,ともなるとさらに性格が強くなる。Ⅴ に準じて Ⅶ も当該機能を有し,使われ方次第では Ⅲ も当該機能を有することがある。
 【ウ】は上記の【ア】と【イ】とは異なり,登場シーンによって性格は多種多様である。主に Ⅳ が当該機能を有し, Ⅳ に準じて Ⅱ が当該機能を有する。Ⅳ も Ⅱ も,【イ】の直前に現れることがよくある。

 

[選択肢]

安定感があり主格的な 主和音等に進もうとする セブンス
サブトニック トニック リキッド
曲の雰囲気を一変させようとする サブドミナント 一様で画一的な
ディミニッシュ 不安定だが補助的な オーギュメント
主和音のみに進もうとする アドナイン ドミナント

 

答えを見る

答えは・・・・・

 

ア:トニック
イ:ドミナント
ウ:サブドミナント
エ:安定感があり主格的な
オ:主和音等に進もうとする

 

記述中のア~オに正しい語句を入れると,下記のとおりとなる。

 

 和音の機能には,トニックドミナント および サブドミナント の3種類がある。
 トニック は 安定感があり主格的な 性格を持ち,主に Ⅰ が当該機能を有し,Ⅰ に準じて Ⅵ が当該機能を有するが,使われ方次第では Ⅲ も当該機能を有することがある。
 ドミナント は 主和音等に進もうとする 性格を持ち,主に Ⅴ が当該機能を有するが,ともなるとさらに性格が強くなる。Ⅴ に準じて Ⅶ も当該機能を有し,使われ方次第では Ⅲ も当該機能を有することがある。
 サブドミナント は上記の トニック と ドミナント とは異なり,登場シーンによって性格は多種多様である。主に Ⅳ が当該機能を有し,Ⅳ に準じて Ⅱ が当該機能を有する。Ⅳ も Ⅱ も,ドミナント の直前に現れることがよくある。

 

このあたりのお話は、実際にシンプルな曲の楽譜を眺めながら(できればピアノ等で弾きながら)理解するのが良いでしょう。

 

答えを隠す

 

※ 「弊教室サイト上での閲覧」以外のご利用はなさらないようお願いいたします。