※お断り:今日の問題には、環境依存文字が含まれています。そのため、ご利用環境によっては一部うまく表示されていないことがあります。あらかじめご了承くださいませ。

 

下の譜表について,後の問いに答えよ。

(1)6 が鳴る拍をすべて 〇 で囲め。

(2)7 が鳴る拍をすべて ☐ で囲め。

(3)減三和音が鳴る拍の上に ▼ を記せ。

 

答えを見る

答えは・・・・・

問題文では拍単位で判断することが要求されているため、まずは拍子を確認しましょう(今回の譜例では2分の2拍子となっています)。あとは、伸びている音(全音符)に気をつけながら、慎重に検証してみてください。6 は主和音の第一転回形、7 は属七の和音の基本形です。忘れていた方は、再度テキストで確認しておきましょう。なお、「あれ?この音符の書き方、変じゃない?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、今回の譜例の曲は四声体(上からソプラノ、アルト、テノール、バス)となっている(後半は枝分かれしていますが)ので、各声部の流れが分かるような記譜方法となっています。

 

答えを隠す

 

※ 「弊教室サイト上での閲覧」以外のご利用はなさらないようお願いいたします。