次の調号を持つ調名を答えよ。

答えを見る

答えは・・・・・

 

ア ニ長調(D dur),ロ短調(h moll)
イ 変ホ長調(Es dur),ハ短調(c moll)
ウ ヘ長調(F dur),ニ短調(d moll)
エ 嬰ヘ長調(Fis dur),嬰ニ短調(dis moll)
オ 変イ長調(As dur),ヘ短調(f moll)
カ 変ハ長調(Ces dur),変イ短調(as moll)

 

♯系の場合の長調は、♯が付いている最後の音の短2度上(=長7度下)が主音となっています。そしてその音の短3度下(=長6度上)を主音とする調が短調です。たとえばアでいえば、ニ長調の主音 D(ニ)は、♯が付いている最後の音( Cis )の短2度上ですね。そして、その短3度下は H(ロ)なので、短調はロ短調と分かります。
♭系の場合の長調は、♭が付いている最後の音の完全5度上(=完全4度下)が主音となっています。そしてその音の短3度下(=長6度上)を主音とする調が短調です。たとえばウでいえば、ヘ長調の主音 F(ヘ)は、♭が付いている最後の音( B )の完全5度上ですね。そして、その短3度下は D(ニ)なので、短調はニ短調と分かります。
お気づきの方もいらっしゃると思いますが、同じ調号であれば、長調の主音と短調の主音は短3度(=長6度)の音程関係にあります。
また、調号は、付く順番が決まっています。♯は「ファドソレラミシ」で♭は「シミラレソドファ」と呪文のように覚えましょう。
以上すべては考え方の一例ですが、自分のやりやすい方法で構いません。一気に丸覚えできる人はしてしまいましょう。

※ 括弧内の音程は転回音程。

 

答えを隠す

 

※ 「弊教室サイト上での閲覧」以外のご利用はなさらないようお願いいたします。

 

 

お問合せはこちら