次の記述のア~オに当てはまる語句または数字を,後のA~Jから選べ。

 

 音程には協和音程と不協和音程がある。
 前者の協和音程は,さらに【 ア 】と【 イ 】とに分類できる。【 ア 】は完全1度,完全4度,完全5度および完全8度を指す。このうち完全1度(振動数比は1:1)と完全【 ウ 】度(振動数比は1:2)は振動数比が単純であるが,この2つを特に【 エ 】という。【 イ 】は長3度,短3度,長6度および短6度を指す。
 一方、後者の不協和音程は,【 オ 】を指す。

 

  • A 自然協和音程
  • B 5
  • C 協和音程以外のすべての音程
  • D 絶対協和音程
  • E 完全協和音程
  • F 8
  • G 不完全協和音程
  • H 長2度,短2度,長7度および短7度
  • I 不自然協和音程
  • J 相対協和音程

 

答えを見る

答えは・・・・・

ア:E  イ:G  ウ:F  エ:D  オ:C

 音程には協和音程と不協和音程がある。
 前者の協和音程は,さらに 完全協和音程不完全協和音程 とに分類できる。完全協和音程 は完全1度,完全4度,完全5度および完全8度を指す。このうち完全1度(振動数比は1:1)と完全 度(振動数比は1:2)は振動数比が単純であるが,この2つを特に 絶対協和音程 という。不完全協和音程 は長3度,短3度,長6度および短6度を指す。
 一方、後者の不協和音程は,協和音程以外のすべての音程 を指す。

先に選択肢を見ると惑わされるので、まずは何も見ずに穴を埋めるのが得策です。なお,オについては、長2度、短2度、長7度および短7度以外に増減音程なども含むということを忘れないようにしましょう。
ここで、ひとつ豆知識をお伝えしましょう。今回の理屈は、実は純正律に基づいています。十二平均律に基づくと、完全1度・8度以外は微妙に不協和音程となり、本来ならば理論が破綻してしまいます。しかしここでは、十二平均律においても、振動数に関するもっと細かい話が出てこない限りは、設問の内容のように捉えておいて問題ありません。

さて、来週からは、楽典最大の砦である「音階」に入ります。お楽しみに!

 

答えを隠す

 

※ 「弊教室サイト上での閲覧」以外のご利用はなさらないようお願いいたします。