次の各問に答えよ。

 

(1)すでに譜表に記されている音を基準として,次のア~オに提示する音のみを,それぞれの該当欄の空白段に記せ。

ア 1オクターブ下の音
イ 減10度下の音
ウ 重増2度上の音
エ 2オクターブと短3度上の音
オ 1オクターブと重増4度上の音

 

(2)すでに譜表に記されている音を基準として,次のカ~コに提示する音のみを,それぞれの該当欄の空白段に記せ。

カ 2オクターブを成すための音
キ 2オクターブと増2度を成すための音
ク 転回後に増5度を成すための,派生されていない音
ケ 増9度を成すための音
コ 2オクターブ上げた後の音程を転回すると減8度を成す嬰音

 

答えを見る

答えの例は・・・・・

カ,キおよびケは,他にも解答が存在するが,譜面が煩雑になるため割愛する。

音部記号の位置に注意しましょう。特にト音記号は先入観で見がちですが、よく見ると、いつもの位置より下がっています(第1線がGになっています)。ハッキリ言って、今回のは意地悪な問題でした。全問正解できなくても気落ちする必要はありません。

 

答えを隠す

 

※ 「弊教室サイト上での閲覧」以外のご利用はなさらないようお願いいたします。

 

 

お問合せはこちら