次のアおよびイの旋律において、シンコペーションが生じていると思われる音に ○ を付せ。

 

 

答えを見る

答えは・・・・・

シンコペーションは、アのように、リズムに変化をもたらすべく強拍の位置をずらしている状態を指します。しかしイのように、拍内での細かい部分でも同様の手法が見られ、これもシンコペーションと判断して差し支えありません。いずれにせよ、タイがあるところはまずクサいですね。なお、実際の演奏においては、シンコペーションがあっても本来の強拍(たとえば、アであれば2小節目の1拍目)のほうをあえて “感じる” ようにする場合も少なくないでしょう。

 

答えを隠す

 

※ 「弊教室サイト上での閲覧」以外のご利用はなさらないようお願いいたします。

 

 

お問合せはこちら