次のアの譜表には拍子記号と小節線を,イの譜表には小節線を書き入れよ。また,アおよびイの譜表の小節数をそれぞれ答えよ。なお,いずれにおいても,強拍は原則どおり第一拍にくるものとする。

 

答えを見る

答えは・・・・・

イは、「長い音符が強拍クサいなあ」と目星をつけることで弱起(アウフタクト)が見えてきます。また、弱起(アウフタクト)の曲の場合は、曲頭の不完全小節はカウントしない上、曲頭の不完全小節の拍数と曲尾の不完全小節の拍数を足してはじめて、拍子記号の分子で示す拍数となります。

 

答えを隠す

 

※ 「弊教室サイト上での閲覧」以外のご利用はなさらないようお願いいたします。