次のア~ウの場合にふさわしい音符(連符を含む)を記せ。

 

ア 四分音符ひとつを3等分したい場合

イ 二分音符ひとつを3等分したい場合

ウ 四分音符ひとつを2等分したい場合

 

答えを見る

答えの例は・・・・・

上記は実際の音楽に頻繁に用いられています。連符を表す記号(数字および括弧のことです)については「絶対にこのとおりでないと × 」ということはありませんが、誰かが見たときに分かりやすい書き方をするよう心がけましょう。ウはすっきり2等分できているため、連符ではありません。ただし、現に2連符というものも存在します。連符の意味合いや種類については、再度テキスト等で確認しておきましょう。なお、実は、今回の類のややこしい問題が出題されたときでも対応できる「裏技」があります。弊教室のレッスンでは、その裏技についてもお伝えしております。

 

答えを隠す

 

※ 「弊教室サイト上での閲覧」以外のご利用はなさらないようお願いいたします。