レッスンの開講可否について下記のとおりとなります。末部の「料金について」も、あわせてご確認ください。

【注意事項】

  • レッスンの開講可否について、教室・講師から受講生へ事前に連絡が行くとは限りません。状況により事後連絡や無連絡となる場合もあります。
  • ここでいうレッスンとは、通常のレッスンのみならず、相談会やセミナーを含みます。
  • レッスン中、講師がレッスンを中断して情報・状況等の確認作業を行う場合があります。
  • 下記内容は、ご同意いただいている契約内容6を踏まえ、詳説するものです。

気象関連

気象庁発表の警報や注意報の種類により、対応が異なります。

特別警報発表時

  • レッスン開始時刻の3時間前の時点で、レッスン会場のある地域に特別警報が発表されている場合は、その後に解除されても当該レッスンを中止します
  • レッスン開始時刻の3時間前を過ぎてから、レッスン会場のある地域に特別警報が発表された場合も、当該レッスンを中止します
  • レッスン中に、レッスン会場のある地域に特別警報が発表された場合は、それを知った時点で即座に当該レッスンを中止します。
  • いずれの場合も、振替レッスンは行いません

暴風警報もしくは暴風雪警報発表時

  • レッスン開始時刻の3時間前の時点で、レッスン会場のある地域に暴風警報もしくは暴風雪警報が発表されている場合は、その後に解除されても当該レッスンを中止します
  • レッスン開始時刻の3時間前を過ぎてから、レッスン会場のある地域に暴風警報もしくは暴風雪警報が発表された場合も、当該レッスンを中止します
  • レッスン中に、レッスン会場のある地域に暴風警報または暴風雪警報が発表された場合は、それを知った時点で即座に当該レッスンを中止します。
  • いずれの場合も、振替レッスンは行いません

その他の警報発表時

  • レッスン前に、レッスン会場のある地域に当該警報が発表されている場合は、当該レッスンの開講可否については都度判断します
  • レッスン中に、レッスン会場のある地域に気象庁より当該警報が発表された場合は、それを知った時点で即座に当該レッスンを中断し、当該レッスンの中止・続行を判断します。
  • レッスンを中止した場合、振替レッスンは行いません

注意報発表時

  • レッスン前に、レッスン会場のある地域に注意報が発表されている場合は、原則当該レッスンを予定どおり開講するよう努めます
  • レッスン中に、レッスン会場のある地域に気象庁より注意報が発表された場合は、そのまま当該レッスンを継続するよう努めます。
  • そのときの状況によりレッスンを中止した場合、原則振替レッスンは行いませんが、 ご希望があれば、翌月末までに振替レッスンを行うことができます。なお、当該振替レッスンを次なる月謝レッスンに充当することは致しません。

地震・津波関連

状況により、対応が異なります。

震度5弱以上もしくは震度4以下の地震発生時

  • 震度5弱以上の地震が、レッスン会場のある地域もしくは近隣の地域に発生した場合は、発生の当日および翌日のすべてのレッスンを中止します
  • 震度4以下の地震が、レッスン会場のある地域もしくは近隣の地域に発生した場合は、発生の当日および翌日のレッスンの開講可否については都度判断します
  • 地震の発生日の翌々日以降のレッスンは、都度教室が開講可否を判断し、状況によってはレッスンを中止します。
  • レッスン中に強い揺れを感じた場合は、震度にかかわらず、即座にレッスンを中断し、当該レッスンの中止・続行を判断します。
  • レッスンを中止した場合、振替レッスンは行いません

緊急地震速報発表時

  • レッスン前に、レッスン会場のある地域に緊急地震速報が発表された場合は、当該レッスンの開講可否については都度判断します。ただし、実際に地震が発生した場合は、先述のとおりとなります。
  • レッスン中に、レッスン会場のある地域に緊急地震速報が発表された場合は、それを知った時点で即座に当該レッスンを中断し、当該レッスンの中止・続行を判断します。ただし、実際に地震が発生した場合は、先述のとおりとなります。
  • レッスンを中止した場合、振替レッスンは行いません

東海地震予知情報もしくは東海地震注意情報の発表時

  • 気象庁による当該情報の発表以降、これが解除されるまでのすべてのレッスンを中止します
  • レッスン中に気象庁より当該情報が発表された場合は、それを知った時点で即座に当該レッスンを中止します。
  • いずれの場合も、振替レッスンは行いません

東海地震調査情報発表時

  • 気象庁より当該情報が発表された場合、原則レッスンを予定どおり開講するよう努めます
  • レッスン中に気象庁より当該情報が発表された場合も、そのまま当該レッスンを続行するよう努めます。
  • そのときの状況によりレッスンを中止した場合、原則振替レッスンは行いませんが、 ご希望があれば、翌月末までに振替レッスンを行うことができます。なお、当該振替レッスンを次なる月謝レッスンに充当することは致しません。

大津波警報および津波警報の発表時

  • レッスン前に、レッスン会場のある地域に気象庁より当該警報が発表された場合は、これが解除されるまでのすべてのレッスンを中止します
  • レッスン中に、レッスン会場のある地域に気象庁より当該警報が発表された場合は、それを知った時点で即座に当該レッスンを中止します。
  • いずれの場合も、振替レッスンは行いません

津波注意報および津波予報の発表時

  • レッスン前に、レッスン会場のある地域に気象庁より当該情報が発表された場合は、当該レッスンの開講可否については都度判断します
  • レッスン中に、レッスン会場のある地域に気象庁より当該情報が発表された場合は、それを知った時点で即座に当該レッスンを中断し、当該レッスンの中止・続行を判断します。
  • レッスンを中止した場合、振替レッスンは行いません

種々の緊急事態関連

  • レッスン前に、全国瞬時警報システム(Jアラート)等が発動し、レッスン会場のある地域および近隣の地域に下記の緊急事態情報が発表された場合は、都度状況を判断し、当該レッスンの開講可否を判断します
  • 噴火特別警報
  • 噴火警報
  • 火口周辺警報
  • 噴火予報
  • 土砂災害警戒情報
  • 竜巻注意情報
  • 記録的短時間大雨情報
  • 指定河川洪水予報
  • 弾道ミサイル情報
  • 航空攻撃情報(空襲警報)
  • ゲリラ・特殊部隊攻撃情報
  • 大規模テロ情報
  • その他の国民保護情報
  • レッスン中に、全国瞬時警報システム(Jアラート)等が発動し、レッスン会場のある地域および近隣の地域に上記の緊急事態情報が発表された場合は、それを知った時点で即座に当該レッスンを中断し、当該レッスンの中止・続行を判断します。
  • レッスンを中止した場合、振替レッスンは行いません

事件・事故関連

  • レッスン前に、何からの事件・事故等(交通機関等のダイヤの乱れ、道路の渋滞、会場の閉鎖、ストライキ、パンデミック等を含む)が、レッスン会場のある地域もしくは近隣の地域に発生した場合は、都度状況を判断し、当該レッスンの開講可否を決定します
  • レッスン中に、レッスン会場のある地域もしくは近隣の地域に何らかの事件・事故等が発生した場合は、それを知った時点で即座に当該レッスンを中断し、当該レッスンの中止・続行を判断します。
  • レッスンを中止した場合、原則振替レッスンは行いませんが、状況によっては、ご希望があれば、翌月末までに振替レッスンを行うことができるようにします。なお、当該振替レッスンを次なる月謝レッスンに充当することは致しません。

上記以外の非常時について

  • 上記にない非常時には、都度状況を判断し、レッスンの開講可否を決定します
  • レッスンを中止した場合、原則振替レッスンは行いませんが、状況によっては、ご希望があれば、翌月末までに振替レッスンを行うことができるようにします。なお、当該振替レッスンを次なる月謝レッスンに充当することは致しません。

料金について

上記の事由によりレッスンを中止した場合でも、やむを得ない状況であるがゆえ、当該レッスンは「実施扱い」となります。したがって、レッスン料金等が発生します。具体的には、下記のとおりです。※1 ※2

  • 中止となったレッスンに係る料金を既にお支払いいただいている場合、原則返金できません
  • 一方、中止となったレッスンに係る料金が “未払い” である場合は、状況の見極めの上、当該レッスンに係る料金の全部もしくは一部のお支払いを免除することがあります。
  • 会場のキャンセル料が発生した場合は、上記にかかわらず、受講生側でご負担いただきます。

※1 もっとも、講師の個人的都合によりレッスンが中止となった場合は、この限りではありません(この場合は、会場のキャンセル料は教室が負担し、また、変更・取消期限を過ぎてしまっているときに限り、振替レッスンを行います)。

※2 中止となったレッスンに係る変更・取消期限を過ぎていない場合は、当然に当該レッスンは取消扱いとなり、通常の変更・取消時と同様に事を進めていきます。

 

何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

2019/10/08 更新(文の微修正)