はと出張音楽教室の蔭山です!

いきなりですが、声楽を一生懸命学ばれている方に、
ひとつの質問を投げかけてみたいと思います。

 

「今の先生とは、合っていますか?」

 

・・・そうですね、
なかなか断定的には答えられないかと思います。

でも、なんとなく、
「合わない気がするなあ」「相性が悪い気がするなあ」
と思ったりしたことはないでしょうか。

 

私の生徒には、
過去に別の先生に声楽を習っていた方がいらっしゃいます。
その方は、このように述べておられました。

 

  • 高い声を出す練習ばかりさせられた!
  • 頭ごなしに叱りつけてきた!
  • うまく歌えないと皮肉ばかり言ってきた!

 

私は実際にその様子を目にしたわけではないので、
確実なことは言えませんが、まあよくありそうな光景ですね。

特に、「高い声を出す練習ばかり」というレッスンはよく聞きますし、
音大レベルであれば “泣かされる” レッスンというのもたまにあります。

 

それらが、生徒さん自身にとって良いものであるなら、
それはそれで一向に構わないだろうと私は思います。

でも、苦痛で苦痛で仕方なかったり、
先生に対する敵対心のようなものが生まれていたり、
学習意欲が大きく低下してしまうようなことがあったら、
その先生との付き合いを見直してみる必要があるかな?と思います。

 

あなたも、是非一度考えてみましょう。

 

例1: 高い声の練習ばかりさせられてツラい

 

取り扱うレパートリーにも左右されますが、
声楽では高い声を出すことが要求されることが多いです。
そのため、高い声は、きれいに出せるに越したことはありません。

むしろ、プロを目指す方なら、
高い声が出せないとプロとして認められないと思います。
↑これだけは、強調しておきます。

 

しかし、高い声ばかり出す練習がいいのか?
といったら、そうではないと私は考えています。

 

声楽の先生の中には、上で私が述べたような理由から、
「高い声が出せないとダメ!声楽家と名乗るな!」
と考えている方も少なくないと思うのですね。

そして、実際のレッスンでは、
「頭のてっぺんから、ホ~~~ッ!!! 3、ハイ♪…」
「いや、こういうふうよ!!ホ~~~~~ッ!!!」
という感じで、毎回毎回厳しい高音訓練が続いたり・・・。

先ほどの私の生徒が過去についていた先生も、
そういうやり方だったらしいのです。

 

しかし声楽というのは、高い声云々の前に、
いかに歌いやすい音域できちんと歌えるようにするか
芸術性を高めていくか、というのが要となってくると思うのですね。

高い声の練習が必要か否かと問われれば「必要」ですが、
高い声を出せるからいい!ってもんじゃない、と私は考えます。
それより大切なものがあるはずなのです。

 

高い声の練習が大好きであれば、それでいいと思いますが、
そうでない方にとっては、
「こんなことがしたいんじゃない」という気持ちが生まれるでしょう。

それが、今後の学習意欲の低下にもつながりかねませんし、
なおかつ、ノドを傷めてしまう原因にもなりかねません。

 

例2: 頭ごなしに叱ってきてツラい

 

声楽の先生に限らず、音楽の先生というのは、
その多くが感情豊かで、ストレートに生きている方も多いです。

発言の内容も、あまりクネクネせず、
割とパーンって直球を投げかけてくる先生も少なくないでしょう。

 

でも、そういうのが苦手な生徒がいるのは確かです。
というか、頭ごなしに叱られて嬉しい人など、ごくわずか。

 

先生が、いくら素晴らしい実力の持ち主であっても、
生徒の気持ちを考えずに頭ごなしに叱りつけてしまえば、
きっと委縮してしまうに違いありません。

委縮するとどうなるか。
音楽性が小さくなり、体も硬直し、
声も固くなり、ノドを傷めやすくなります。

 

元々才能のある先生は、難しい旋律も歌えてしまいます。
そのため、「なんでこんなこともできないの?」と、
生徒に対して思ってしまったり口に出してしまったりするでしょう。

でも、できないことのほうが普通で当たり前なのです。

こんなことをいうと僻みに聞こえるかもしれませんが、
私も、そういう先生の考え方がよく分かりません。
あなたと同じように苦しんできた人間でしたから・・・。

 

ただし、プロを目指す方の場合は、
頭ごなしに叱られることは試練の一であることもあります。
それを乗り越えるだけのタフな精神は、ある程度は必要でしょう。

 

例3: 皮肉を言われてツラい

 

ストレートに注意されたい方にとっては、
皮肉を言われることのほうがツラいということもあるかもしれませんね。

世の中、皮肉に全く気付かない人もいますので、
それに気付くということは、とてもデリケートな方なのだと察します。

 

皮肉に気付いてしまうと、
あれこれと脳内でいろいろ考えてしまうかと思います。

 

皮肉を言う先生は、
「ストレートに言うときっと傷付くだろう」と思って、
そうしているのかもしれません。

でも、心で何を考えているのか分からないのが怖いところですね。

 

とはいえ、人間って基本的にそんなもんで、
大人の社会では、建前、時々の皮肉などを駆使することで、
人間関係を円満に保っていたりもします。

 

皮肉の質にもよるかもしれませんが、
皮肉については、ある程度耐性があったほうが良いかと私は思います。

ただ、
「あの人の皮肉なら許せるが、この人のは生理的に無理」
という場合もあると思います。

合わないと強く思ったら、先生チェンジを視野に入れ始めましょう。

 

相性が合わないなら、まずは相談を

 

以上にて3つの例を示しましたが、
ほかにもいろいろあるかと思います。

 

そこで、先生と相性が合わない場合は、
先生をチェンジすることを視野に入れたいところですが、
その前に、先生と相談することを検討してみましょう。

 

先生も人間ですから、“音信不通で逃げる”
というのは、ちょっといただけません。
そこは、礼儀をわきまえるべきだと私は思います。
(よほどのことがあった場合は別です)

しかし一方で、お金を払っているのは生徒側なのですから、
先生を仰ぎたてまつり申し上げる必要はないと思います。
我慢ばかりして心を壊したら元も子もありません。

 

まずは積極的に相談に乗ってもらいましょう!

「こんな感じのレッスンにしていただきたいのですが…」
「先生に叱られるのがツラいです」
「高い声の練習が大変で苦しいです」

など、きちんと思いを伝えてみましょう

 

良心的な先生であれば、考え直してくれるはずです。
せっかく縁あって出会った先生なのですから、
きちんと心が通じ合うと良いですね♪^^

 

でも、中には聞く耳を持たない先生もいるかと思います。
「それはあなたの甘えだ」と一蹴りされる可能性もあります。

そういう場合は、自分の目指したい姿を想像しながら、
「本当に自分が甘かったのだろうか」などと自問自答し、
それでも先生がおかしいと思ったら、
そこで改めてチェンジを考えると良いかなあと思いますね。

いくら厳しい言葉を言われても、
先生は生徒のことを思って発言してくれていることもあります。

そのメッセージをキャッチできればいいのですが、
キャッチできないのであれば仕方がないので、先生を変えましょう。

 

当教室でのやり方

 

最後に、ちょっと宣伝っぽくなってしまいますが、
少しだけお付き合いいただけますと幸いでございます。

 

当教室では、「一に心、二にスキル」をモットーに、
できる限り生徒の希望に寄り添ったレッスンを行っております。

はじめての方には体験レッスンを受講していただきますが、
ここでは、ヒアリングを行い、
今後のレッスンの方針ややり方などについて検討させていただきます。

 

なお、例えば声楽レッスンの場合は以下の2コースがあります。

  • ノーマルコース
  • プラチナコース

ノーマルコースは、初心者、趣味として楽しく習いたい方向けのコースです。
なので、要望がない限り、高い声の猛特訓などしませんし、
仕事の都合で予習できなくてもオッケーです♪

プラチナコースは、音大受験志望者やプロを目指す方のためのコースです。
趣味の方でも、厳しさを求める方にオススメです。
わざとシビアな目でレッスンしていきます♪

 

「今ついている先生はちょっとな・・・」
と思われている方は、是非一度体験レッスンにお越しください。
お話をおうかがいいたします。

また、当教室は、月に何回というノルマもなく、
好きなタイミングで好きなだけ受講できますので、
気分に合わせて習いに来ていただくことが可能です^^

途中で音信不通になったとしても、無理に追ったりしません。
ご安心ください♪ 原則、去るもの追わずです(笑)

 

 

お問合せはこちら