この度、料金体系等の改定を実施する運びとなりました。
改定内容は、2019年3月1日より適用となります。

※ 2019 年 2 月までにご入会いただいた方の場合、2019 年 3 月のみ(移行期間)は旧体系もしくは新体系を選択できるようにする予定です。

改定の概要(予定)

今回の改定事項については下記のとおりです。

どう変わるの?

【2月まで】全てワンレッスン料金制です。
【3月から】月謝制が主軸となります(一部を除く)。

これまでは、レッスンを受講できない月を想定し、すべてワンレッスン料金制としておりました。しかし、実力の維持、および練習・学習の習慣の定着をかんがみ、コンスタントにレッスンを受講していただくことが本望です(が、休会制度も設ける予定です)。したがって、月謝制を主軸とした料金体制に踏み込むことにいたしました。月謝料金の詳細は、決定したものから順に、下記ページに掲載する予定です。適宜ご確認いただきますようお願い申し上げます。

メリットとデメリットは?

【メリット】実力の維持、練習・学習の習慣の定着、モチベーションの維持を図ることができます。
【デメリット】受講できなかったレッスンがあっても、支払いが済んでいる分の返金は原則できません。

今や多くの教室では月謝制が主流となっています。これには事務管理的な都合もあるにはありますが、やはり上記メリットを達成する手段でもあります。しかし、一度月謝をお支払いいただくと、生徒都合により予定回数レッスンできなければ原則返金できないので、その点は何卒ご理解くださればと思います。

その他の改定事項

その他の改定事項は、下記のとおりです。

  • 45分固定レッスンの廃止
  • ピアノの単発レッスンの廃止(他のレッスンについでで行うピアノレッスンは残ります)
  • 休会制度の導入(ケースによっては在籍料が生じる場合があります)

など

改定の前に・・・

改定前には、在室生(=既入会者)の皆さまに、改めて受講メニュー(声楽、楽典・ソルフェージュ)や回数などのご希望を、書面あるいはメール等にてうかがわせていただきます(うかがう日時は未定ですが、少しでも早くできるよう努めます)。

2019年3月末日までに回答が無い場合は、月謝制への改定にご同意いただけないものと判断させていただく予定です。その場合、大変不本意ではありますが「2019年3月末日付けで退会」とみなさせていただきます。なお、2019年3月までに休会の旨をお伝えいただいた方は、再開しない限り、期間を問わず在籍料なしで休会することができるようにする予定です。

 

在室生の方に対しては、詳細がまとまり次第、追ってご連絡いたします。
未入会者の方は、当サイト内の情報にご注意いただき、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

以上です。

(2019年1月22日更新)